Disclosure Policy

当社は国内外の株主・投資家の皆さまをはじめとするすべてのステークホルダーとの長期的な信頼関係の構築、経営の透明性、当社に対する理解の促進と社会的存在としての企業の信頼性を追求するため、以下のとおり「ディスクロージャーポリシー」を定めます。

情報開示に関する方針・基準

当社は、金融商品取引法等の諸法令ならびに、東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」)に従ってディスクロージャーを行っています。 また、金融商品取引法に定められた「フェア・ディスクロージャー・ルール」を遵守し、迅速かつ公平な情報開示の実現に努めてまいります。
なお、原則として、個人情報・顧客情報および関係者の権利を侵害することになる情報につきましては開示せず、また、第三者による業績予想や、当社に関する不明瞭な情報についてもコメントは行いません。
ただし、当社が投資家・株主の皆様への説明が必要と認める場合や東京証券取引所からの照会等があった場合には適切に対応し、「ディスクロージャーポリシー」に従って、株主・投資家の皆様と建設的な対話を行ってまいります。

情報開示の方法

当社は、適時開示規則に該当する情報の開示を、東京証券取引所が提供する「適時開示情報伝達システム(Timely Disclosure network:TDnet)」にて公開するとともに、速やかに当社 Web サイトに公開いたします。 さらに、適時開示規則に該当しない情報におきましても、適時開示の趣旨を考慮したうえで、当社基準にて判断し、速やかに当社 Web サイトに公開いたします。

沈黙期間(サイレント期間)に関して

当社は、重要な会社情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため原則として、四半期又は決算期末日の翌日から決算発表日までの期間を「サイレント期間」と定め、業績に係る IR 活動及び、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えております。 ただし、この期間中に適時開示に該当する事実が発生した場合につきましては、適時開示規則に基づき開示いたします。

将来の予測に関する事項について

当社が開示する計画・将来の見通し・戦略等の中には、いわゆる「見通し情報」(forward-looking statements)を含みます。 これらは、現在における見込み、予測およびリスクを伴う想定に基づくものであり、実質的にこれらの記述とは異なる結果を招き得る不確実性を含んでおります。 それらリスクや不確実性には、一般的な業界ならびに市場の状況、金利、通貨為替変動といった一般的な国内および国際的な経済状況が含まれます。

Investor Relations

Disclosure Policy